スマホリテラシーを伸ばす時代

自分でスマホのプランからデータ移動などをやれるようにならないといけない時代ちょっとでも役に立つ知識紹介系のブログです。あと最近は、個人的なものもちょこちょこ上げています。

eSIMのメリットとデメリット

最近は、eSIM対応機種が増えてきて使っている人も多いと思います。今回は、eSIMについてとメリットとデメリットを説明しようと思います。

 

 

eSIMとは

端末内に既にSIMが入っているものを差します

簡単に言ってしまえば、どこでも契約しようと思えば使えるSIMが端末の中に入っているといえばいいですかね。普通なら各会社のSIMを用意して差し込むという手間がないのがeSIMです。一見これだけ聞けばSIMを無くす心配がないじゃんと思います(SIMを無くすってよっぽどですが)ですが、eSIMにもメリットとデメリットが存在します。

 

 

eSIMのメリット

  • オンラインでeSIM契約すれば、すぐに回線通信ができるようになる。
  • 物理SIMの入れ替えが減る
  • 不正に利用ができない(抜けないからという意味)
  • 外国などで現地のSIMを挿すのがめんどくさい時にも便利(事前に契約が必要)

一つずつ説明しましょう。

オンラインでeSIM契約すれば、すぐに通信ができる

これは言葉のままの意味でオンライン上でWi-Fiで契約するんですが、それをすると大体の場合EIDという桁数多い数字聞いてきます。それを入れて支払い口座や契約のための本人確認等すれば契約ができます。そしてDLが始まりそのまま回線契約完了となります。

 

物理SIMの入れ替えが減る

これは、キャリアで購入する場合デュアルSIM対応スマホは少ない(ほぼないですね)ですが、それの場合SIMが2枚させる事があります。筆者は、携帯SIMを複数は持っていないですが、外国とか行った場合日本で使うSIMを抜いて外国のSIMを入れて使うとか色々手間があるのですがeSIMですとそういう手間がないのが便利です。

 

不正利用ができない

これは、少し言い過ぎな気がしますが、実際、EIDというすっごい長い数字を入れて端末を特定して使う契約なのでSIM入れ替えが物理的にできないのでこれが言えます。まぁ解除は正直簡単なのでそこまで意味があるとは言えませんけど

 

外国などの現地のSIMを挿すのがめんどくさいのが減る

これは上記の時にも書きましたが補足ですが、これは、契約できる会社がその現地にあるかは自分で確認してください。ない場合は正直物理SIMが多いです。日本の使っているSIM無くしたくないという人は少し工夫が必要ですね。

 

 

メリットだけかくと結構メリット多いですが、デメリットもありますのでここからはデメリットです。

 

eSIMのデメリット

  • 機種変更時少し手間
  • 端末壊れた時はそのまま使えなくなる
  • 契約の時にEIDを入れないといけない
  • デュアルSIMで使っている(物理とeSIM)場合通信の分離が設定が必要

こちらも一つずつ解説しましょう

 

機種変更時少し手間

これは、メリットの時に機種を特定してと書きましたがEIDというものは機種一つに一つ割り振られているので物理SIMと違い差し替えが簡単ではないです。新機種の方から契約変更といいますかeSIM再発行という手続きを踏まないといけません。正直慣れれば簡単ですが、慣れないうちは四苦八苦すると思います。おそらく3〜4回やれば慣れますが、そこまで頻繁に変える必要が出る場面ってなかなかないので手間が少しかかるので注意が必要です。

 

端末が壊れたらそのまま使えなくなる

これは、文章に少し誤りがあるのですが、壊れた際に契約がわからないと戻しようがないっという事です。普通はわかると思いますし、コールセンターなどに電話すればちゃんと対応してくれると思いますので、壊れたら素直にコールセンターなどに電話しましょう。ちなみになんで壊れたら使えないか?というと物理SIMだとSIMさえ取り出せれば他のスマホに一時的に避難ができますがeSIMは契約が全てオンラインなので再発行したくても端末を用意してという手間が必要です。もし過去にiPhoneで使うという場合でも一度キャリアショップやコールセンターや契約者専用の質問のところからやらないと何にもできなくなるという事です。

 

契約時にEIDを入れないといけない

先ほどからEIDと言い続けていますがこれはeSIMの識別番号で全部でなんと32桁にも及ぶ数字を入れないといけないんです。なので一つでも違うと別の人の契約だったりと大変ですのでちゃんと控えましょう。ちなみに一部の契約のページだとコピペ(コピーアンドペースト)はできませんので自力で入力をお願いします。

 

デュアルSIM(物理とESIM)で使っている場合通信の分ける設定が必要

これは、そのままの意味で電話は物理SIM、ネット回線の通信はeSIMと分けることができます。ただ、これは、その人がちゃんと設定しないといけません。ちょっと前の契約で有名だったのは電話プランは楽天楽天Link)で通信プランは格安SIMと分けている人が多かったです。そういう設定を間違えると高額請求が来たりするんですがそれは、また方向が違うのでここでは割愛

ただ、設定をしない方法もありますがそれだと2枚ある意味がないのでよくよく考えて契約をしましょう。

 

 

いかがでしょうか?正直筆者は、複数契約するのがめんどくさいのでそこまでやっていないですが、すごい方はちゃんと計算をして2枚体制でやる方もいます(尊敬するわ〜)

正直お得に使いたい気持ちはわかりますのでその努力が素晴らしいです。自分もまだまだ見習わないとと思いますが、一応2枚体制もメリットでメリット把握してないと正直疲れるのでお金で簡単を買っている人の一人です。正直わからないことがあれば詳しい人に聞くか大人しくキャリアの人に聞きましょう。