スマホリテラシーを伸ばす時代

自分でスマホのプランからデータ移動などをやれるようにならないといけない時代ちょっとでも役に立つ知識紹介系のブログです

スマホを購入する際に持っていくべきもの

スマホをキャリアで購入が多い日本ですが、何がないと手続きできる、出来ないとか色々ありますので当日、焦らずに全ての手続きできるようにする為になればと思います。

 

基本は、

1、本人確認書類

 

2、お支払い設定できるクレジットカードまたはキャッシュカード

 

3、現在使っている端末

 

4、IDPW書いた紙

 

5、お金(クレジットカードでも可)

 

これが最低条件です。

まず1の本人確認書類ですが、これは、運転免許証(有効期限があるもの)、マイナンバーカード(顔写真があるやつ)が一番有効です。これらがないと言う方は、国民健康保険証と補助書類とかが必要となる為一度行く前にお店に確認をして下さい。あと例外ですが、自動車運転経歴証明書も一応大丈夫であります。

 

次に2は機種を分割で買う場合に必要です。毎回コンビニで引き落としたいという方は、分割組めない可能性もありますのでよく確認して下さい。

 

3は分かっているよ〜と思われる方が多いと思いますがショップの店員さんがたまーーに機種変更なのに前使っていた機種持ってこない人がいると聞いたことがあります。データ移行自分でできるなら全然いいんだけど。。。と言っていました。

 

4、は頭に全て入っている!と自信持って言える人は、もう心配いりません!さぁなしでいきましょう。流石に自分は無理ですので控えている手帳持っていきますね。

 

5、これは、フィルムやケース。充電器など買う場合分割が組めなかったり、頭金が発生したりと色々なので持っていくと安心です。

 

あと、最近のショップでよく言われたと聞くのがデータ移行の手伝いで手数料いただきます。と言われます。

正直な事を言うと昨今、プライバシーやら個人情報がと叫ばれているこの世の中自分でデータ移行できるようにならないと行けなくなっています。自分では出来ないと諦めるのではなく頑張ってやる事をお勧めします。三千円浮いたりしますので、頑張ってみましょう。今後このブログでもデータ移行の方法特集を頑張って作っていこうと思いますので今後もよろしくお願いします。

 

ちなみになんですが、この必要な書類は実は契約者=自分の場合です。契約者≠自分の場合はここに委任状や同意書や契約者と利用者の本人確認書類が必要になるので契約者は誰なのかはちゃんと把握するようにしましょう。